法律で決められている相続について、どのぐらいの割合で、どんなものが相続されるのか書きました。

法律通りにはいかないことが多い相続の実態
法律通りにはいかないことが多い相続の実態

法律での相続について

相続とは、亡くなった方の財産を別の誰かに受け継がせる制度になっています。法律上、被相続人が死亡(失踪宣言及び認定死亡を含む)した場合にのみ開始します。また、遺言を残されていた場合は、限度はありますが法定相続とは異なる相続方法を指定することもできます。法律では亡くなった方のことを被相続人といい、財産を受け継ぐ人のことを相続人といいます。

相続されるものは原則として、死亡時における全財産(=一切の権利・義務)が相続の対象となります。現金、不動産、身の回りにある全ての持ち物、誰かにお金を貸し付けていた場合の債権もすべて相続の対象となります。遺言は、法の定める所定の方式があります。大きく2つに分けると、普通方式と特別方式とに分けられます。

遺言が無い場合には原則として法律の規定に従って、財産の計算がされます。相続人が配偶者と子の場合、配偶者1/2、子1/2を人数で均等に分ける。相続人が配偶者と直系尊属(親)の場合、配偶者2/3、直系尊属1/3に分ける。相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4を人数で均等に分ける。一般的に代表とされる例を挙げましたが、非摘出子や代襲相続などもあります。


Copyright(c) 2018 法律通りにはいかないことが多い相続の実態 All Rights Reserved.