相続では遺言書を書くことによって法律とは異なった相続をさせることができますが、遺留分に注意が必要です。

法律通りにはいかないことが多い相続の実態
法律通りにはいかないことが多い相続の実態

相続では遺言書を書いて法律とは異なった相続をさせられます。

法律では民法で相続についてさまざまな規定をおいています。その仲でもよく人々に知られているのが、法定相続人の法定相続分に関する規定であると思います。法定相続はそれぞれ、配偶者は常に相続人となり、それ以外の場合は第一順位から第三順位まで下さっていきます。第一順位から順に子、直系尊属、兄弟姉妹となります。法定相続分は子が二分の一、直系尊属が三分の一、兄弟姉妹が四分の一となります。

上述のように、法律では法定相続人が規定されていますが、遺言書がある場合にはこれと異なった定めをすることができます。ただ、これと異なった定めをした場合でも犯すことができない権利が、遺留分と呼ばれる権利で、この遺留分は以下の法定相続人に最低限財産を残さなくてはならない旨の規定です。その法定相続人は、兄弟姉妹を除いたもので、直系尊属では三分の一、それ以外では二分の一が遺留分率となります。慰留文献者が複数ある場合には遺留分率は、法定相続分に遺留分率を掛け合わせたものとなります。

よって、法定相続人は自分が遺言書からはじかれてしまっていたとしても、即座に落胆する必要はなく、遺留分についてまず考えをめぐらせて見ることが大切になってきます。


Copyright(c) 2018 法律通りにはいかないことが多い相続の実態 All Rights Reserved.