相続というものは人の死亡で開始するものですが、法律上可分債権以外の債権の場合には遺産共有状態になります。

法律通りにはいかないことが多い相続の実態
法律通りにはいかないことが多い相続の実態

法律上の相続と遺産共有状態

法律上は相続は、人、つまり、被相続人の死亡によって当然にはじまるものとしていますが、その相続される財産であるところの相続財産の帰属については、相続人の遺産共有状態となります。この遺産共有状態とは以下のような場合が具体的に考えられます。

たとえば、被相続人が有していた財産が不動産であり、不可分の財産であった場合にはあ、子の財産は、被相続人が死亡し、相続が発生したときに、法定相続人間で遺産共有状態という、法定相続分に応じた相続分で共有する状態となります。これ概算共有状態の具体的な発現場面であり、この遺産共有状態は何も、プラスの積極的な財産にだけ発生するわけではなく、マイナスの消極的な財産にも適用されます。

よって、マイナスの財産のほうが多い場合には法定相続人はもし、マイナスの財産が多い場合には相続を放棄するか、限定承認手続きといって、プラスの財産においてのみ相続する旨を家庭裁判所に申述し、その範囲でのみ相続するの自分を守る上でも重要になります。そのような手続きをとらない場合には単純承認といってプラスの財産もマイナスの財産も同時に引き継ぐことになります。単純承認は相続が発生したときから3ヶ月を経過すると原則的に自動的に単純承認とないります。


Copyright(c) 2018 法律通りにはいかないことが多い相続の実態 All Rights Reserved.