法律で定められたものに従って相続を行えば争いごとは起きないでしょうが家庭の状態でうまくいかない事も多いです。

法律通りにはいかないことが多い相続の実態
法律通りにはいかないことが多い相続の実態

相続は法律通りにはいかないことが多いようです。

人が亡くなると法律にのっとって相続が行われます。まず誰でも知っていることでしょうが、夫が亡くなるとその配偶者が半分を受取り、残りを兄弟で等分に分けるというものです。たとえば妻と二人の子供のいる家庭で1億円のお金を残して夫が亡くなった場合、妻が5千万円を受取り残りの2千5百万円づつを兄弟でわけるというものです。ここですっきりと分割が行われそうですが、実際はそうないかないようです。知り合いの家でももめごとが起きていました。

やはり兄と弟の兄弟だったのですが、弟は兄が医学部進学のための学費が多くかかっているので生前贈与として相続の財産からその分を差し引くことを要求しました。すると兄の方は弟が結婚する時に資金の援助をしたのでやはりその分を差し引かなくては公平ではないと言い出しました。兄の大学卒業までの費用と弟の結婚資金援助の金額を相殺すれば良いのでは思いますが、その後もお互いがお互いを不公平だと言い募って決着が着きませんでした。元々仲の良い兄弟だったのですが、お互いの配偶者まで巻き込んでいきました。このように法律できちんと決められたものがあったとしても家庭の状況や感情というものは複雑にからみあってくるものなのです。


Copyright(c) 2018 法律通りにはいかないことが多い相続の実態 All Rights Reserved.